お買い物お買い物
商品紹介商品紹介
歩んできた道歩んできた道
こだわりこだわり
会社概要会社概要
新着情報新着情報
天盃天盃

 

 

お酒は20才になってから

未成年への酒類の販売は法律で禁止されています
 
未成年者の飲酒は、未成年者飲酒禁止法で禁じられています。
未成年が飲用することを知って酒類を販売または供与することも禁じられています。
未成年が飲酒してはいけない理由は次のとおりとされています。
 

  1. 未成年者は酒に対する自分の体質も知らない上に、周囲の雰囲気に影響される傾向が強いため、無理に飲酒することも多く、急性アルコール中毒になりやすい。
  2. 酒が身体に及ぼす影響を大人に比べて受けやすい。成長期にある体と成長を終えた体ではアルコールが及ぼす影響が異なり、大人より短期間でアルコールによる悪影響が生じる。
  3. 子供の飲酒は、体の成長を妨げるほか、性成長への影響もみられる恐れがある。
  4. 飲酒が判断を誤らせる原因になる。
  5. 学校生活への悪影響、交流への影響。
  6. 大人に比べ依存がより早期に形成される
  7. ゲートウェイ・ドラッグ(薬物へ通じる入り口)になる恐れがある。
  8. 未成年者飲酒禁止法の軽視は、法律軽視につながることが危惧される。

 
20歳になってから、是非お買い求め下さい

 
飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売はいたしておりません。飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売はいたしておりません。